社会福祉法人 全国スモンの会

趣 旨

種をまき、それが芽生え、やがて天をつくような大樹となり、その木陰で生き物たちが集い、そこからまた新しい生命が誕生していく。私たちが自ら立ちあがり活動し、目ざしていることとなんと似ていることでしょう。

原因不明、伝染、奇病と言われ、社会から疎外されたスモン患者が力を合せて全国スモンの会を結成したのは1969(昭和44)年11月26日。スモンの原因究明はむずかしく、解明は早くて10年、迷宮入りとなる恐れさえもあるという、悲観的予測もなされていた頃でした。全国のスモン患者の熱い期待をうけスタートした私たちの道。しかしそれは平坦なものではありませんでした。患者自身によるスモン隠し、資金的問題、また中傷や誹謗、そして組織の分裂という事態さえも発生しました。こうした困難の中、私たちの運動はちいさいけれど、一歩一歩確かな歩みを続け、ついに自立福祉論へのステップとも言える運動方針を確立していきました。そして1972(昭和47)年にはついにキノホルム原因説が公表され、私たちの運動に新しいエネルギーが注ぎ込まれたのです。もう私たちの力をおし止めることはできません。スモン訴訟は私たちが“和解”を選択したことで一挙に解決にむかったのです。

全国スモンの会が目的とした社会的対策は自立福祉論として結実し、曙光園となって育っていきます。この曙光園が、さらに大きく育ち、他の難病者にも勇気と希望を与え、だれもが幸をわかち合えるようにするためにこれからも力を合わせて進みましょう。

未来は私たちのものであることを確信して……。

社会福祉法人 全国スモンの会
相良よしみつ
(さがら よしみつ、初代会長、1927.12.12~2008.8.21)

法人の理念

私たちは、ご利用者・職員・社会との絆を深め、
情熱を傾け、信義誠実の原則を重視し、
皆様から信頼され、期待され、
求められる社会福祉法人をめざします。

法人の基本方針

  1. 私たちは、常に能力・技術の向上につとめ、最良のサービスを提供できるよう努力します。
  2. 私たちは、ご利用者の自主・自立意識を尊重し、真の自立福祉をめざします。
  3. 私たちは、ご利用者の安全・健康の維持を第一と考え、その実現に努力します。

sagarayoshimitsu

社会福祉法人 全国スモンの会
相良よしみつ
(さがら よしみつ、初代会長、1927.12.12~2008.8.21)

心のリハビリ(相良よしみつ

 心のリハビリ=「ソーシャルリハビリ」と呼んでいる
      「ソーシャルリハビリ」とは
 「誰にでも好かれる人間になる」ための訓練である

       人は常に共同生活を営む
   誰とでも仲良く生活する(出来る)ためには 
  自分自身人に好かれる人間でなければならない
  「人に好かれる人間とはどういう人間か」を学び
   同時にどうすれば良い人間関係を作れるかを
        学ぶ事は大事である
       曙光園でそれを学ぶ事は、
   今後の人生に幸せをもたらす事につながる
     なぜなら 障がいを持った人は
 (「老い」によって誰でもが障がい者となりうる)
    人の助けを借りなければ生きていけない
   その時、喜んで手を差し延べてもらえる人に
   なっているかどうかで その人の幸せが決まる
  だから「誰にでも好かれる人間になる」という事は
         大切な事である

 いじわる・人の悪口・挨拶をしない・乱暴な言葉遣い
  暴力・自分勝手(他人を認めない)・感謝がない
    人に迷惑かける・努力をしない 等々

   今まで「こうあってはいけない」という事を
         沢山学んできた
    もう一度振り返って、それぞれが、
  更にどんな努力をすればいいのか考えて欲しい

 

     
      1970年2月15日、名古屋駅にて

「心のリハビリ」について(注釈)

この「心のリハビリ」は、今より30数年前に全国スモンの会初代会長 相良丰光が記したものです。そのため、今日の観点では、一部に誤解を招きかねない表現が含まれているように思います。

偏見や差別の目で見られていた全国のスモン患者の方々を、精神的にも経済的にも救いたい。その一心で、自身もスモン患者であった相良は自ら「全国スモンの会」を設立し、一人松葉杖をつきながら全国を行脚し、同じくスモン患者である全国各地の支部会員を励まし続けました。集団訴訟である「スモン訴訟」で国(当時の厚生省)と製薬会社3社を訴えた相良は、マスコミからのひどい誹謗・中傷にさらされましたが、これらをすべて鋼のような精神力で耐え抜くとともに、多くの支援者の方々による力添えを得て訴訟を和解に導き、自立福祉論に基づく福祉事業構想の結実として「曙光園」を開所しました。

自ら曙光園の施設長となった相良でしたが、組織内での人間関係に起因する頻繁なトラブル、そしてそれに付随する業務への支障にはその後も苦慮しておりました。「わたしたちの福祉施設」である曙光園の経営者としての立場、そしてスモンの障害当事者としての立場。相良は両方の観点に立ってこの「心のリハビリ」を書き上げ、曙光園で毎月ご利用者と職員がともに出席する会である「はなしのひろば」において、双方に心の目線を合わせたこの原稿を「施設長講話」として発表しました。

この「心のリハビリ」は初代会長 相良丰光が一生懸命生きて、闘った時代を伝えるため、そして全国スモンの会の創始者であるとともに一人の障害当事者であった相良の思いを尊重し伝えるために、あえて当時の表現をそのままに掲載させていただいております。

相良丰光 94回目の誕生日に

 

2021(令和3)年12月12日

社会福祉法人全国スモンの会

理事長 相良眞紀子