〒187-0032 東京都小平市小川町1丁目590番地

節分(豆まき)(2/3)


曙光園では毎年2月3日になると、どこかの山から鬼が下りてきて、園内で暴れようとします。でも、利用者の皆様の「鬼は~外~!」攻撃のおかげで、今年も曙光園は「福は内」です。ありがとうございます。

多摩六都ぴゅああーと展


多摩六都(小平市の他、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市)圏域に在住・在勤・在学の、障がいをお持ちの方の応募作品(絵画・工作・展示など)の中から、専門家によって選考された作品が、「多摩六都ぴゅああーと展」として毎年展示されています。今年も曙光園の利用者の応募作品が複数入選。展示を皆さんで見学に行きました。

新年行事(1/1~3)


2017年、明けました。今年もよろしくお願いいたします。新年行事の写真です。(年始の飾り、1/1 朝食のおせち料理・落語、1/2 福笑い、1/3 小平神明宮に初詣)

クリスマスイベント食


12/25のクリスマスイベント食はパンバイキング!他にもハンバーグにキラキラ星など、見て食べて楽しいスペシャルメニューでした!

クリスマスキャロリング


毎年曙光園に来てくださっている東京聖書学院のみなさんが、サンタやトナカイの格好で今年も曙光園に来てくださいました。マジックにクリスマスソングに、クリスマスのお話など、盛りだくさんのひと時でした。

年末お楽しみ会


今年(2016年)の年末お楽しみ会は、12月18日(日)の開催でした。まずは音楽活動「音で遊ぼう」の活動発表として、参加利用者の皆さまが詠まれた俳句の作品に曲を乗せたオリジナルソングを皆で歌いました。その後は職員によるシュールなマジック、組体操(始める前に景気づけで歌って踊ったPPAPが好評でした)、ギター演奏(1曲目はノーベル文学賞のボブ・ディラン)と続きました。

障がい者作品展2016


今年も障がい者週間(12月3日~12月9日)に合わせて開催された「小平市障がい者作品展」。11月30日(水)~12月4日(日)、小平市中央公民館会場に、曙光園の利用者の皆様の作品を展示いたしました。会場には他の団体・個人の作品も展示されており、観覧された利用者の皆様にとっても、新たな発見があったようです。

日帰り旅行(7回目)


11/16(水)の日帰り旅行は、埼玉県川口市の「NHKアーカイブス」へ。「番組公開ライブラリー」では、NHKの代表的な番組と、埼玉県が所有する映像が入っており、無料で視聴することができるそうです。公開されているNHKの番組は10,000近いとか。

国立天文台へドライブ


今年の秋のドライブは、三鷹の国立天文台へ。緑の森の大きなキャンパスで、昔の望遠鏡など貴重な建物や、宇宙の写真、また最近の天文学の研究成果をを見学することができました。

総合防災訓練2016


今年も10月18日(火)に、総合防災訓練を実施しました。毎月実施している自衛消防訓練(今月は、日中に曙光園内で火災が発生したことを想定した、消火・避難訓練)の他、屋外で小平消防署小川出張所の消防士の皆様のご指導のもと、各職員が消火器とAEDの利用について訓練を行いました。

日帰り旅行(6回目)


10月12日(水)の日帰り旅行は埼玉県、蔵の街小江戸川越へ。歴史のある街並みと、雰囲気のあるお店でのお昼ごはんを堪能しました。

ワークショップ2016


武蔵野美術大学の講師と学生の方、ボランティアの方や近隣にお住まいのご家族(お子様、親御様)と一緒に、街へ外出してのものづくりにチャレンジします。曙光園の利用者の方にとっては、小さなお子様の方との触れ合いの機会は他にはほとんどないので、貴重な行事です。
今年のワークショップは「似顔絵絵描き隊」。地域の公民館と曙光園で、みんなでピカソっぽい?似顔絵を描きました。

日帰り旅行(5回目)


9月8日(木)の日帰り旅行は、大人気の横浜・八景島シーパラダイスへ。屋外のステージは、最前列だと水しぶきがかかるくらいの迫力です。

曙光園納涼祭2016


 今年も曙光園納涼祭を8月26日(日)に実施しました。当日は朝から雨模様、納涼祭は残念ながら縮小開催となりました。
 それでも午後2時のスタートと相前後して、ご近所にお住いの皆様、お子様方が多々ご来園。もちろん曙光園利用者の皆様も、ともにビンゴ大会、露店(ポップコーン、かき氷)、手工芸作品販売&チャリティバザー、鉄道模型ジオラマ展示などを楽しまれました。

介護等体験実習


曙光園では毎年夏、近隣の武蔵野美術大学より「介護等体験実習」として、実習の学生を1週間ずつ受け入れています。これは、義務教育諸学校の教職教員免許を取得しようとする学生に、教員教職免許法によって7日間の介護等の体験が義務付けられていることによるものです。今年(2016年)も8月1日~6日、8日~13日の2班に分けて、計9名の学生が曙光園で実習を行いました。どちらの班も、実習最終日は8月28日。曙光園納涼祭をまるまる1日、お手伝いいただきます。よろしくお願いいいたします!

日帰り旅行(4回目)


ちょっと前まで海の日だった7月20日(水)の日帰り旅行は、横浜八景島シーパラダイスへ。圏央道で八王子~厚木PA~海老名方面経由の長距離ドライブでしたが、おおむね順調に流れてくれました。「パンダは、いるか?」のキャッチコピーでお目見えのイロワケイルカ(パンダみたいな白と黒のイルカ)や、ラッコの昼食タイムなど、目前で楽しむことができました。

多摩六都科学館


少し前の行事ですが、6月のドライブで、多摩六都科学館(西東京市)にいってきました。直径27.5mのドームは、プラネタリウムとしては世界4番目の大きさなのだそうです。このドームに投影される大迫力の映像作品「星月夜への招待」「オーロラの調べ」を、みんなで鑑賞してきました。

たなばた


曙光園では毎年、園内の吹き抜けに笹の葉を立てて、利用者の皆様(と、職員)のお願いごとを書いた短冊を飾ります。そして昼食はもちろん行事食です。今年はキーマカレーの天の川に織姫ハンバーグと彦星コロッケが浮かんていました。デザートのパイナップル入りの杏仁ヨーグルトもお星様デザインです★

日帰り旅行(3回目)


日帰り旅行、7月5日(火)の第3回は、上野の東京国立博物館へ。日本と韓国でそれぞれ国宝に指定されている「半跏思惟像(はんかしゆいぞう)」の特別展示がありました。他にも、古代ギリシャの特別展や伊東マンショ(天正遣欧少年使節正使)の肖像画の展示など、時間が足りないくらいの見応えでした。

第34回開所記念式典


2016年7月1日(金)、第34回の曙光園開所記念式典を実施しました。理事長、施設長、ご来賓、利用者代表あいさつの後、曙光の塔へのお参り。その後記念撮影、昼食(今年も調理部謹製の松花堂弁当をおいしく頂きました)、午後イベント(朗読、クワイアコンサート)と続きました。

中華フルコース


6月12日(日)のイベント食は、中華フルコースでした! ★メニュー☆ 冷菜(2品):くらげの冷菜、茹で鳥の怪味ソース/湯(スープ):中華卵スープ/主菜(2品):トンポーロー、白身魚唐揚げ、黒酢ソース/主食:半ラーメンor半チャーハン(選択)/点心(3品)棒ギョーザ、ごま団子、マンゴープリン/ドリンク:ウーロン茶。

日帰り旅行(2回目)


日帰り旅行、6月8日(水)の第2回は、石和温泉郷(山梨県笛吹市)へ。郷土料理レストラン「風林火山 響の里」で、太鼓の演奏を聞きながら昼食、その後みんなで足湯につかりました。

冷凍冷蔵庫贈呈式


 曙光園では調理部(厨房)で12年以上運用した古い冷凍冷蔵庫の置き換えが望まれていましたが、今回、東京都共同募金会(赤い羽根共同募金)様を通じ、三菱電機様の「SOCIO-ROOTS(ソシオ・ルーツ)基金」計42万円を、冷凍冷蔵庫購入費としてご寄付を受けることができました。曙光園ではこの冷蔵庫の贈呈式を2016年5月17日(火)に実施いたしました(翌5月18日の読売新聞多摩版31面に掲載されました)。すでに運用させていただいております新しい大型冷凍冷蔵庫を通じまして、これからも利用者の皆様に安全・安心でおいしい食事を提供してまいります。
 このたびの三菱電機様、東京都共同募金会様のご高配に、心より感謝を申し上げます。

日帰り旅行(1回目)


今年(2016年)も日帰り旅行、スタートしました!5月16日(月)の第1回は、中央自動車道で山梨県の河口湖インターチェンジへ。さらに本栖湖方面に車を走らせ、ちょうど見頃の富士芝桜まつりを観てきました!富士山麓に約80万株の芝桜が満開でした。

上北寄席


東大和市にお住まいの、上北亭竜笑師匠、上北亭乗り乗り師匠による落語会を、4月17日に開催しました。竜笑師匠は、プロの噺家さんに稽古をつけてもらったことがあるそうです。

お花見


今年(2016年)も、利用者の皆様を小金井公園にお連れしました。(残念ながら天気の悪い日もあり、その日は国立の大学通り・さくら通りをドライブして、車窓から桜を楽しみました。)今年も調理部謹製のお弁当、桜の木の下で、いただきます~。

Copyright © 1982-2018 曙光園 AllRight Reserved.